東日本大震災支援活動
ホーム戸建・分譲住宅土地賃貸物件・駐車場お役立ち情報お客様の声会社概要

お役立ち情報

話題の住宅ローン商品『フラット35』とは

「フラット35」とは、民間金融機関と住宅金融支援機構(旧:住宅金融公庫)が提携したタイプの住宅ローンです。

民間金融機関等が融資した住宅ローンを住宅金融支援機構が買い取り、そのローンを複数まとめて証券化し、機関投資家などに買ってもらって資金調達を行うという仕組みです。

長期間固定金利により、低金利で計画的に返済出来ます。

フラット35

フラット35の主なメリットとして、「最長35年、長期固定金利を選べる」「保証料、繰上返済手数料不要」「保証人不要」「返済条件の変更を行う際の手数料不要」「団体信用生命保険、3大疾病保障付機構団体信用生命保険の加入権(任意)で安心サポート」などがあります。

元利金等返済 100万円を借りた場合の金利別・期間別返済額

金利(%) 15年 20年 25年 30年 35年
毎月払い ボーナス払い 毎月払い ボーナス払い 毎月払い ボーナス払い 毎月払い ボーナス払い 毎月払い ボーナス払い
2.0 6,435円 38,748円 5,058円 30,455円 4,238円 25,512円 3,696円 22,244円 3,312円 19,932円
2.5 6,667円 40,178円 5,299円 31,921円 4,486円 27,017円 3,951円 23,789円 3,574円 21,519円
3.0 6,905円 41,639円 5,545円 33,427円 4,742円 28,571円 4,216円 25,393円 3,848円 23,172円
3.5 7,148円 43,129円 5,799円 34,972円 5,006円 30,173円 4,490円 27,053円 4,132円 24,889円
4.0 7,396円 44,649円 6,059円 36,555円 5,278円 31,823円 4,774円 28,767円 4,427円 26,667円

【返済額算出例(元利均等返済の場合)】

  • 2000万円を元利均等返済2.0%、35年で返済する場合の毎月の返済額→3,312円 × 20 = 66,240円
  • 2000万円を毎月返済分1,500万円・ボーナス返済分500万円とし、元利均等返済3.5%、20年で返済する場合の毎月返済額とボーナス月の増額返済額

毎月返済額:5,799円 × 15 = 86,985円ボーナス月の増額返済額:34,972円 × 5 = 174,860円

【こんな方にオススメです】

将来金利が上昇するとお考えで、今の金利で毎月の返済額を確定させたい方。
将来金利が上昇した場合に、月々の返済額も増加してしまうと返済が大変だとお考えの方。

【諸費用の検討も重要です】

住宅を取得するときは、保証料、火災保険料、団体信用生命保険料などのローン経費の他、税金、引越費用等、住宅取得価格の10%程度の初期費用がかかります。
フラット35は、保証料分の初期費用を節約することができます。ご返済中に、一定の金額をまとめて返済(繰上返済)すると、将来かかるはずの利息を支払わなくてすみますので、ローン完済時までの総返済額を抑えることができます。
なお、フラット35は、何回繰上返済を行っても手数料はかかりません。

お役立ち情報 リンク

現在の金利情報や、フラット35についてくわしくお知りになりたい方は、下記のサイトをご覧ください。

国税庁 埼玉りそな銀行 武蔵野銀行
埼玉縣信用金庫 飯能信用金庫 フラット35

あなたの「住まいの値段」ご存知ですか? 無料査定実施中!

アジアグループでは、豊富な経験と実績で皆様の土地活用、資産活用をお手伝させていただいております。

マンション経営、アパート経営、賃貸併用住宅など、さまざまなプランをご提案。大切な資産であるあなたの土地活用・資産活用の可能性を最大限に引き出します。

査定をしてから買い替えするか、売却するか。そのまま住むか、賃貸にするか。

ご検討のチャンスです。

ぜひお気軽にお問い合わせください。

都市計画法第34条

【都市計画法第34条11号とは…】

どなたでも購入・建築可能

<建築可能な建築物の用途>

  • 住宅
  • 事務所・店舗併用住宅、その他これらに類する用途を兼ねているもの
  • 店舗・飲食店でその用途に供する床面積が150平方メートル以内のもの

【都市計画法第34条12号とは…】

原則として宅地の造成および建物の建築はできない。
※ただし、長期居住者の自己または親族の専用住宅として開発許可を取得できる。

<対象者は・・・>

当該市街化調整区域ならびに隣接市町村の市街化調整区域で下記のいずれかに該当する方は、住宅用地として購入・建築が可能。

  1. 住宅
  2. 事務所・店舗併用住宅、その他これらに類する用途を兼ねているもの
  3. 店舗・飲食店でその用途に供する床面積が150平方メートル以内のもの
アジアグループメールアドレス 最新折り込みチラシ 看板ギャラリー お客様の声 アジア住宅販売 スタッフブログ RS-ITOH&ASIA GIRL BLOG RS-ITOH 全国宅地建物取引業協会連合会